無理だと思った公共料金の削減方法

無理だと思った公共料金の削減方法

毎月の公共料金の見直し

毎月の公共料金の主な5つ

 

1 電気代

2 携帯料金

3 水道代

4 インタネット代金

5 ガス料金

 

これらは、毎月使用量に応じて、料金が変化します。今までは、公共料金は決まった業者に支払っていましたが、電気自由化により、電気の販売の会社が急増しています。

 

1 電気料金

中部電力の場合は、電気を作り、販売、送電を一つの業者が行っていました。電気自由化により、電気の販売を他の会社が委託し、受けることが可能となったことで、○○電気など色んな業種が進出してきました。

 

電気自由化になったメリット
今まで支払っていた、電気料金の支払いが、中部電力(大手電機メーカー)に支払っていたのは料金は定価です。
定価は値下げが効かない商品です。
電気自由化により、他業者が進出できるようになり、電気料金が値下げ、又はポイントが溜まるなどのお得なサービスが出てきました
そこで、お勧めの電気の販売業者を紹介又は個人事業主として販売も」可能です

 

詳しくはここから電気料金の見直し、販売

 

2 携帯料金

 
大手キャリア、ドコモ、AU、ソフトバンク、などが独占していましたが、こちらも、シムフリーというものが出てきて、携帯料金が格段に下がりました
 

シムフリーとは何?

ドコモはドコモの回線(番号)でしか使用できませんでしたが、シムがあれば携帯を所有していれば、シムを交換するだけで、料金体系が変化できるようになりました。
シムフリーの販売、又は、自分で使用する場合お勧めの業者
詳しくはここから、携帯料金の見直し、販売


ホーム RSS購読 サイトマップ
inserted by FC2 system